研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 江藤 浩之 教授

主任研究者
Principal Investigators

臨床応用研究部門 江藤 浩之 教授

江藤 浩之 写真
江藤 浩之 M.D., Ph.D.
研究概要

多細胞生物は非対称性分裂によって多様な細胞を産生しながら発生し、個体を形成します。血液を一生にわたって供給している造血幹細胞や各種の血液系譜前駆細胞もまた非対称性分裂によって多種類の血液細胞を産生すると考えられています。幹細胞システムを維持するためには自己複製と分化さらに各細胞系譜の独自の成熟システムの理解が必要です。こうした機構の分子機序の解明を通じて、私たちはヒト多能性幹細胞から効率よく血小板や赤血球を誘導する技術を確立し、次世代の輸血製剤供給や遺伝子操作したiPS細胞由来血小板製剤(iPS血小板)を用いたDrug delivery system (DDS)の実現を目指した基礎研究・開発を行っています。

臨床応用として世界初の血小板輸血不応症の被験者様への自家iPS血小板の輸血臨床研究も2019年から開始され、現在は次の臨床試験も計画されています。さらに公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団が提供するiPS細胞を活用した血小板輸血不応症に対応可能なユニバーサルタイプiPS血小板製剤の免疫的な特性解析や本製剤の大規模製造開発だけでなく、血小板以外の血液細胞系譜がヒト多能性幹細胞から生み出され維持されるための分子機構を明らかにしようとしています。

go top