研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 川口 義弥 教授

主任研究者
Principal Investigators

未来生命科学開拓部門 川口 義弥 教授

川口 義弥 写真
川口 義弥 M.D., Ph.D.
研究概要

ES細胞やiPS細胞から機能的細胞を作成して、移植材料や薬剤開発に役立てるためには、臓器発生メカニズムの理解が不可欠です。消化管や膵臓、肝臓などの内胚葉臓器は、胎生期の原腸から発生します。これらの臓器の発生メカニズムの解明は、これまで主として遺伝子改変マウス作成技術を用いて進んできましたが、その全容解明は未だ達成されていません。

発生過程では、細胞分化と組織立体構築の変化が同時に進行しています。ダイナミックな構造変化の中で、細胞同士が互いにコミュニケーションをとりながら、細胞自身の性質が変化してゆくと考えられます。つまり、個々の細胞挙動は、"細胞コミュニティー内のローカルルール"に制御されていると想定されるが、特定の位置に存在する特定の細胞の遺伝子改変が未だ困難なことが、臓器発生メカニズムの理解に向けたハードルの一つといえます。

私たちはES細胞やiPS細胞を有力なツールとして用いることで、"細胞コミュニティー内のローカルルール"を理解し、従来の実験技術では解明できなかった臓器発生メカニズムの全容を明らかにしようとしています。

go top