研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 山中 伸弥 教授

主任研究者
Principal Investigators

未来生命科学開拓部門 山中 伸弥 教授

山中 伸弥 写真
研究概要

ヒトの皮膚などの体細胞に初期化因子を導入して作製する人工多能性幹細胞 (induced pluripotent stem cell: iPS細胞)は、体のほぼすべての細胞に分化する能力と、ほぼ無限に増殖する能力を獲得した多能性幹細胞です。再生医療・創薬への医療応用に向けて世界中で基礎研究・開発研究が推し進められ、iPS細胞技術から出発した細胞・医薬品が次々と臨床の場に届けられつつあります。一方で、初期胚で発現する遺伝子には分化細胞でも発現するものがあり、その役割や制御メカニズムには不明な点がまだまだ多くあります。現在、iPS細胞技術が新しいステージへ進む中、分化細胞に共通する課題、個々の分化細胞の特性に応じた多様な課題に取り組むことが期待されています。

当研究室では、多能性幹細胞や初期胚で機能する遺伝子の機能解析を通じて、生命現象を解き明かそうと以下のテーマに取り組んでいます。

  1. 多能性幹細胞や組織幹細胞の誘導・増殖・分化におけるRNAの転写後制御やタンパク質翻訳制御機構に
    関する研究
  2. 再生医療の実現に貢献するため、多能性幹細胞から作製した分化細胞の活用に向けた研究
  3. 健康寿命の延伸につなげるため、マルチオミクス解析による細胞・臓器・個体レベルで老化を理解する研究
大学院生の受け入れについて

山中研究室では、医学研究科の大学院生(留学生を含む)を受け入れます。山中研究室への配属を希望される方は、京都大学大学院 医学研究科(医科学専攻)の大学院入試に合格して頂く必要があります。

研究指導は山中教授と共に担当の主任研究者が行います。山中研究室で修士・博士課程に進学を希望する場合は、志望分野の選択に関して、大学院受験の願書を出す前に、研究室に連絡をお取りいただき、研究方向の妥当性等について十分な指導を受けてください。 なお、大学院受験に先立つ研究室訪問は必須ではありませんが、出願に際しては山中教授の承諾が必須となっています。

CiRAにおける大学院生受け入れについて」などをご覧いただき、各々の主任研究者の研究内容などを十分に検討の上、受験を希望される方はできるだけ早い時期にお問い合わせください。
go top