研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 戸口田 淳也 教授

主任研究者
Principal Investigator

増殖分化機構研究部門 戸口田 淳也 教授

戸口田 淳也 M.D., Ph.D

戸口田研究室ホームページ

■ 連絡先
toguchida-g*cira.kyoto-u.ac.jp
お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。

研究概要

運動器とは、私たちの体を支え、動かすための機能を司る臓器の機能的集合体であり、骨、軟骨、靱帯、腱、骨格筋などによって構成されています。これらの機能が低下あるいは消失すると、日常生活に大きな支障を来します。
私たちはそのような運動器の病態に対して、iPS細胞の技術を応用して新しい治療法を開発することを目指しており、そのアプローチとして運動器を構成する細胞の前駆細胞である間葉系幹細胞(Mesenchymal Stem Cell、MSC)をiPS細胞から誘導する方法を用いています。MSCは同時に間葉系組織由来の悪性腫瘍である肉腫の起源細胞にもなりうる細胞です。
MSCを用いた研究の一つ目は、骨、軟骨、靱帯などの細胞へ分化させて、再生治療へ応用すること、二つ目は遺伝性の運動器疾患の患者さんからiPS細胞を作製して、病気のメカニズムを解明して、治療薬を開発すること、そして三つ目がMSCから試験管の中でヒトの肉腫を作製して、その発生機構を解明し、治療薬の開発につながる情報を得ることです。
これら3つのプロジェクトの内容は相互に関連している部分があり、それぞれで得た成果を他のプロジェクトに還元しつつ進めています。なお以上の研究は池谷真研究室及び兼務している京都大学再生医科学研究所の研究室メンバーとの共同研究として行っています。

多能性幹細胞からのMSCの誘導
go top