ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2014年 › その他 › 2000年論文に関するThe EMBO Journalの見解

ニュース 
News

  

2014年5月12日

2000年論文に関するThe EMBO Journalの見解

京都大学iPS細胞研究所

2000年に科学誌「The EMBO Journal」に発表された論文(Yamanaka et al.)の図に関する疑問点が指摘された件について、5月10日に、ジャーナルのチーフ・エディターであるバーンド・プルヴェラー氏より公式見解をいただきました。英語の原文とともに、CiRAによる翻訳を示します。

 

<原文>

'We have undertaken a careful image forensic evaluation of the images in the published paper. While the two bands in question (fig 3A) are indeed similar, we see no concrete evidence to suggest that they were duplicated; at the limited resolution of the published data pixel matching is not possible. Furthermore, we see no evidence for any additional image aberrations. The error bars in 7B are similar, but this alone does not constitute evidence that the graph was not based on real data. In our view there is no reason to suggest that illicit image manipulation or data misrepresentation occurred in this paper. While The EMBO Journal now encourages the publication of source data alongside the figures in papers, this is a recent development and would not have been possible in 2000. We are in this case not concerned about the partial availability of primary data and lab notebooks for all the figures, the publication of the paper is well beyond the minimal time limit required for primary data/labbook archiving by many institutions.

Dr. Yamanaka clearly acted in a very thorough and professional manner in obtaining independent reassessment of the data and in addressing the concerns raised with additional supportive data.

It would be most regrettable if any doubt is cast on the findings reported in this paper based on what amounts at best to non-definitive evidence'.

Bernd Pulverer, Chief Editor, The EMBO Journal

 

<翻訳文>

私たちは、当該論文の疑問を投げかけられた画像について、慎重な科学的鑑定を行いました。図3Aの二つのバンドは確かに類似していますが、これらが複製されたことを示唆する具体的な証拠は認められませんでした。掲載されたデータの解像度に限界があり、ピクセル・マッチングは不可能でした。また、その他の画像異常もありませんでした。図7Bのエラー・バー(標準偏差値を示す線)が類似していますが、このことのみでは、グラフが元データに基づいていないという証拠にはなりません。私たちの調査結果からは、当該論文について不正な画像操作やデータ操作が行われたと考える理由はありません。The EMBOジャーナルは、現在、論文の図と共に元データを掲載することを奨励しています。これは最近の取り組みであり、2000年当時にはあり得ないことでした。本論文において、論文の全図の初期データや実験ノートが部分的にしか保存されていないことは問題視していません。多くの機関が設定する初期データや実験ノートの必要最低限の保存期間を、はるかに超える時点で発表された論文であるからです。

山中博士は、徹底的かつプロフェショナルな方法で、独自のデータ再評価を行い、追加の支持データも提供することにより、指摘された懸念に対して明確に対応しました。

不確実な根拠に基づいて当該論文の知見に疑義がかけられたとすれば、極めて残念なことです。

The EMBO Journal チーフ・エディター バーンド・プルヴェラー

 

経緯に関する参照サイト:

http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/other/140428-192654.html


go top