ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2013年 › その他 › 山中所長が東大阪市名誉市民称号を受けました

ニュース 
News

  

2013年7月3日

山中所長が東大阪市名誉市民称号を受けました

7月1日、野田義和 東大阪市長がCiRAを来訪し、山中伸弥所長に東大阪市名誉市民の称号を贈呈しました。
 
山中教授は、小学校3年生頃まで、工場を営んでいた両親や姉とともに、東大阪市で育ちました。山中グループによるiPS細胞の開発に対し、昨年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中教授の功績が認められ、4人目の名誉市民となりました。
 
山中教授は、「父親の工場で機械に囲まれる環境で育ちました。父は経営者というよりは、自らものを作り設計するエンジニアでした。私自身もサイエンティストというよりエンジニアという気持ちも強く、iPS細胞を実用化し、患者さんの役に立ちたいと思っています」と述べました。

IMG_1312.JPG
東大阪市長らと懇談する山中教授
go top