ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2013年 › その他 › 【所外活動】大阪マラソンに出場したCiRAメンバーが全員完走しました

ニュース 
News

  

2013年10月30日

【所外活動】大阪マラソンに出場したCiRAメンバーが全員完走しました

10月27日(日)に開催された大阪マラソンに、CiRAから山中所長をはじめ、戸口田副所長・長船准教授・渡辺助教・キャラムさん(齊藤博英研)・渡邉さん(国際広報室)が参加し、無事に全員完走しました。

山中所長は「チャリティーアンバサダー」として出場し、大阪マラソンでのチャリティーへの協力を呼びかけました。また、キャラムさんはJust Givingを通じてiPS細胞研究基金への寄附を呼びかけていました。

台風の影響も心配されていましたが、当日はスッキリと晴れ上がり、マラソンをするには最高の天気となりました。およそ3万人のランナーが参加した大阪マラソンは大阪城公園の西側、大阪府庁前をスタートしました。

CiRAメンバーの中で最初にフィニッシュゲートを通過したのは、昨年に続き大阪マラソン2回目の出場となった戸口田副所長。4時間3分57秒のタイムで自己ベストを更新し、2番目の山中所長より10分程早くフィニッシュしました。山中所長はガードランナーと周りのランナーに囲まれながら、4時間16分38秒でフィニッシュ。直後に休むことなく記者会見に応じ、まだまだ余裕のある様子を伺わせました。

スタート直後の戸口田副所長

週間ほど前に風邪を引いてしまって思うような練習が出来なかったという山中所長。スタート直前には、今回のマラソンは昨年京都マラソンで記録した自己ベストの更新ではなく完走することが目的だと語っていました。一方で、記者会見後に戸口田副所長が先にフィニッシュした事を伝えると、「(副所長より)6歳も年下なのに負けるなんて」と悔しさを顕にしていました。

完走後に記者会見に臨む山中所長

CiRAから出場した他のメンバーも、マラソン部での普段の練習成果を存分に発揮し、長船准教授は4時間43分3秒、渡辺助教は4時間40分32秒、キャラムさんは4時間40分3秒、渡邉さんは4時間44分44秒でフィニッシュしました。

沿道やテレビ・JustGivingなどを通じて応援したくださった皆様、ありがとうございました。

無事に完走したCiRAメンバー
左から長船准教授・渡辺助教・渡邉国際広報室員

go top