ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2015年 › その他 › 安倍首相が米国・グラッドストーン研究所を訪問しました

ニュース 
News

  

2015年5月2日

安倍首相が米国・グラッドストーン研究所を訪問しました

4月30日(米国現地時間)に、安倍晋三総理大臣がサンフランシスコのグラッドストーン研究所を訪問し、グラッドストーンの上席研究員でもある山中伸弥 CiRA所長らが歓迎しました。

今回の安倍首相来訪では、日本人若手研究者激励会が行われ、会場となったグラッドストーン研究所の講堂には、現地の日本人研究者や医師が多数集まりました。グラッドストーンと連携しているカリフォルニア大学サンフランシスコ校のダニエル・ローウェンシュタイン副学長、ディーパック・スリバスタバ グラッドストーン研究所心血管研究部門長、来賓としてジョン・ルース元駐日大使、三木谷浩史 楽天株式会社会長兼社長も参加されました。三木谷社長はiPS細胞研究に多大な支援をされています。

激励会の冒頭で山中博士が、「安倍総理から直接にお言葉を頂きますことは、会場の研究者にとって生涯忘れることのない励まし」と歓迎の言葉を述べました。

来賓代表として登壇したルース元駐日大使は、在任中に日米両国の非常に強いつながりを感じたことに触れ、「これから研究において、世界のためになることをしていかれる上でのご幸運をお祈り申し上げたい」と研究者らへエールを送りました。

最後に、安倍首相がグラッドストーン研究所と山中教授は科学分野での日米協力の象徴と述べ、「皆さんが日本の英智をもたらし、そして日本に米国の英智を取り入れ、人々の生活を高くする新たなイノベーションが誕生すると期待しています」と参加者を鼓舞しました。そして「日米の産学官が協力を深めることによって、日本、米国だけではなくて世界の人類の人生をより豊かで、健康にして頂きたい」と激励の言葉を締めくくりました。


安倍首相Gladstone.jpg
                      ルース元駐日大使の挨拶を聞く安倍首相(中央)と山中博士





go top