ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2016年 › その他 › 第3回 CiRA賞の表彰式を行いました。

ニュース 
News

2016年1月4日

第3回 CiRA賞の表彰式を行いました。

第3回 CiRA賞の表彰式を1月4日(月)に開催しました。

この賞は、当研究所における教育・研究や研究所の管理運営、社会貢献等の活動において業績が著しく顕著だと認められた教員を表彰することを目的として、京都大学の規程に基づき、iPS細胞研究基金を財源として、2014年に創設されました。

今回は、基盤技術研究部門の高須 直子教授を表彰しました。

表彰理由はiPS細胞ストックプロジェクトを率い、iPS細胞の再生医療への応用に貢献したからです。

CiRAの目標の1つに、再生医療用iPS細胞ストックプロジェクトを推進し、多くの人に使えるようなiPS細胞を国内外に配布することで、iPS細胞を用いた再生医療の推進・普及を図ることがあります。2015年8月に初めて、本ストックプロジェクトからiPS細胞を出荷するまでに至りました。CiRA内で50名ほどが本プロジェクトにかかわっており、その代表として、プロジェクトリーダーの高須教授に賞が贈られました。

また、同日にはCiRAの年頭集会も行われました。山中伸弥所長は挨拶の中で、2015年を「穏」という字で表されるように、順調に研究活動が進んだ年と振り返りました。2015年度も引き続き国や一般の方々から大きなご支援を頂いており、この恵まれた環境への感謝と謙虚な気持ちを胸に、研究を通して新しい治療法開発に貢献するというビジョンと初心を忘れることなく、引き続き研究や研究支援業務に邁進することを訴えました。

年頭挨拶をする山中所長

山中所長(左)から表彰状を受け取る高須教授

go top