ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2016年 › その他 › 【所外活動】山中伸弥教授が京都マラソンを完走しました。

ニュース 
News

2016年2月21日

【所外活動】山中伸弥教授が京都マラソンを完走しました。

2月21日(日)に開催された京都マラソン2016に出場した山中伸弥教授が、無事に完走しました。

山中教授のスプリットタイムは、昨年10月に出場した大阪マラソンの自己ベストをさらに12分ほど更新する3時間44分42秒でゴールしました。京都マラソン2015から3大会連続の自己ベスト更新となりました。

同大会に出場した戸口田淳也教授、髙橋淳教授、齊藤博英教授、山田研究室の伊藤謙治研究員も見事完走を果たしました。

予想より早いペースを刻む山中教授の見事な走りに、約20人のCiRA応援団をはじめ、沿道から大きな声援がおくられていました。

山中教授は完走後のインタビューで、「京都マラソンは3回目になりますが、毎回、楽しんでいます。iPS細胞研究基金へのご寄付を募るとともに、今年54歳になる自分への挑戦を目的にしていましたので、自己ベストを出すことができて、素晴らしいマラソンになりました」と語っていました。

皆様の温かい応援に心より感謝申し上げます。

今回いただきましたご寄付は、研究環境の整備や研究支援を担う人材の確保などに役立てさせていただきます。 JapanGivingサイトでは、2月末日までご寄付を受け付けております。

20160221_yamanaka_kyoto_marathon.jpg

鴨川沿いを走る山中教授(左)と東健太郎特命准教授(右)

go top