ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2014年 › イベント・セミナー › インドネシアのショッピングモールでブース出展しました。

ニュース 
News

  

2014年8月25日

インドネシアのショッピングモールでブース出展しました。

ASEAN科学技術イノベーション展示会が8月22日(金)〜25日(月)に、インドネシアのボゴールにて開催されました。CiRAは京都大学の代表としてこの展示会にブースを出展し、iPS細胞研究について紹介しました。

期間中にはASEAN各国の省庁関係者が各ブースを訪れました。多数のカメラが同行して訪れた一行を、インドネシア出身のCiRA川口研究室の研究者であるBeni Sulistionoさんが出迎え、京都大学ならびにiPS細胞研究について説明しました。

DSC_0197.JPG
視察に対応するBeniさん

この展示会はASEANの科学技術会議が行われている会場と同じ建物、Botani Squareというボゴールのショッピングモールの入口付近にて開催されました。そのため、科学技術会議に参加した専門家のほかにも一般市民の方々や近くの大学(ボゴール農科大学)の学生さんが多数ブースに訪れました。4日間で800名以上の方がCiRAブースを訪れ、タペストリーにインドネシア語で書かれた iPS細胞の説明を読んだりしていました。

IMG_9542.JPG
展示会の会場となったボゴール・ボタニスクエア入口

ブースに訪れたインドネシアの方からは「スカラシップ(奨学金)はあるか?」など、京都大学への進学に関する質問が多いなか、「すごい研究だ」「いつ頃ヒトでの治療ができるようになるのか」などといったコメントもいただきました。今回のブース出展を通じて、インドネシアの方々に、iPS細胞のみならず京都大学ひいては日本を少しは身近に感じていただけたのではないかと考えています。

IMG_9556.JPG
多くの方がブースを訪れました

今後もiPS細胞研究所では、より多くの方にiPS細胞研究について知って頂く活動を行ってまいります。11月8〜9日に東京の日本科学未来館で開催されるサイエンスアゴラに出展する予定です。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
go top