ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2015年 › イベント・セミナー › 【受付終了】一般の方対象シンポジウム「iPS細胞と医農工連携:あたらしい医療を考える」を開催します

ニュース 
News

  

2015年6月15日

【受付終了】一般の方対象シンポジウム「iPS細胞と医農工連携:あたらしい医療を考える」を開催します

CiRAでは、最新のiPS細胞研究の進捗状況をご報告するとともに、今後の展望や科学の面白さなどを伝えるため、市民の方を対象としたシンポジウムを毎年開催しています。7回目の開催となる今年度は、明治大学と共催で、2015年7月26日(日)に下記の要領で開催します。今回は5年ぶりに東京で開催致します。

 シンポジウムでは、明治大学からは医学研究用の遺伝子改変ブタの開発で世界をリードする長嶋比呂志教授をはじめ3名の教授が講演を行います。CiRAからは山中伸弥所長と山下潤教授が講演します。5名の研究者が医学・農学・工学、それぞれの研究分野での観点から、未来の医療について講演します。司会は、農学生命科学の知識が深い桝太一さん(日本テレビアナウンサー)が務めます。講演の後には、トークセッションを設け、参加者からの質問に講演者らが回答します。また、本シンポジウムではCiRAがブースを出展し、サイエンスコミュニケーターによるiPS細胞研究の紹介も行い、通常のシンポジウムでは得難い双方向コミュニケーションにも取り組みます。

 なお、より多くの方に講演をご覧頂けるように、講演についてはCiRAホームページ上にて生中継する予定です。会場が遠方で参加できないという方は、こちらの中継もご利用下さい。

 皆様のご参加をお待ちしております。

明治大学・京都大学iPS細胞研究所共催シンポジウム
「iPS細胞と医農工連携:あたらしい医療を考える」
日 時 2015年7月26日(日)13時30分〜17時00分(開場 13時予定)
場 所 明治大学駿河台キャンパス アカデミーホール
東京都千代田区神田駿河台1-1
主 催 明治大学・京都大学iPS細胞研究所
お申し込み先 以下のウェブサイトからお申し込み下さい。
明治大学:http://www.meiji.ac.jp/koho/ips/

※先着順 規定人数に達し次第締め切ります
参加費 無料(事前登録要)
対 象 一般の方
定 員 1200名
チラシ
お問い合わせ先 明治大学 経営企画部広報課
E-mail: koho@mics.meiji.ac.jp
スケジュール 13:00 開場
13:30 開会の辞
13:30-13:35 開会の挨拶
13:35-13:40 登壇者紹介
13:40-14:05 「細胞の超低温保存法は糖尿病患者の移植医療に貢献するか?」
長屋 昌樹 特任教授
(明治大学MUIIBR)
14:05-14:30 「これからの医療に貢献する生命機能マテリアルの開発」
相澤 守 教授(明治大学MUIIBR)
14:30-14:55 「難病研究に役立つ動物モデルの開発」
長嶋 比呂志 教授(明治大学MUIIBR)
14:55-15:15 休憩
15:15-15:40 「iPS細胞がひらく新しい医学」
山中 伸弥 教授
(京都大学iPS細胞研究所)
15:40-16:05 「iPS細胞を使って心臓・血管を再生する」
山下 潤 教授
(京都大学iPS細胞研究所)
16:05-16:55 トークセッション
司会:桝 太一
(日本テレビ・アナウンサー)
16:55-17:00 閉会の挨拶
山中 伸弥 教授(京都大学iPS細胞研究所)
go top