ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2021年 › イベント・セミナー › 第28回CiRAカフェ「ライフサイエンスのELSI:ゲノム研究の事例より」を10月30日(土)にオンラインで開催します

ニュース 
News

2021年10月6日

第28回CiRAカフェ「ライフサイエンスのELSI:ゲノム研究の事例より」を10月30日(土)にオンラインで開催します

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)は、10月30日(土)に、第28回CiRAカフェ「ライフサイエンスのELSI:ゲノム研究の事例より」をオンラインで開催します。

 「CiRAカフェ」は、iPS細胞研究所が企画するサイエンスカフェで、一般の方にiPS細胞に関わる研究者や研究内容を身近に感じていただくことを目的としたイベントです。今回のスピーカーは、三成寿作 准教授上廣倫理研究部門)です。

 iPS細胞やゲノム編集などといった科学技術の登場は、医学や医療の発展に大きく寄与していくものと期待されています。このような科学技術を社会に応用していく上では、自然科学の研究を推進するのみならず、制度や政策などの倫理的・法的・社会的課題についても取り組んでいく必要があります。倫理的・法的・社会的課題は、Ethical, Legal and Social Issues(ELSI)とも呼ばれています(「エルシー」と読みます)。

 三成准教授は、これまでゲノム研究を中心として、ライフサイエンスのELSIについて取り組んできました。ELSIへの対応では専門領域を横断した見方が求められます。今回は、iPS細胞やゲノム編集のELSIにも触れつつ、ゲノム情報を取り巻くELSIについて紹介します。

 みなさんのご参加をお待ちしております。(CiRAカフェは日本語で行われます。)

第28回CiRAカフェ・オンライン 「ライフサイエンスのELSI:ゲノム研究の事例より」
日 時 2021年10月30日(土)14:00〜15:00
スピーカー 三成寿作 准教授上廣倫理研究部門

<プロフィール>
北九州市立大学大学院国際環境工学研究科を修了(博士(工学))。iPS細胞研究やゲノム研究といった先端生命科学領域の倫理的・法的・政策的側面についての研究に関わる。オックスフォード大学への短期派遣や、日本医療研究開発機構(AMED)への出向等の経験も。最近は装飾加工された和紙(料紙)の本をコレクションしている。

司 会 和田濵裕之(国際広報室)
配信URL
申し込み 不要 (YouTubeLiveにて誰でも視聴可)
質問フォーム
お問い合わせ先 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)国際広報室
E-mail: cira-pr*cira.kyoto-u.ac.jp
(お手数ですがメール送信の際 * を@に変えてください。)
スケジュール 14:00〜14:20 トーク①
14:20〜14:30 質疑応答①
14:30〜14:50 トーク②
14:50〜15:00 質疑応答②
主 催 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)
go top