ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2021年 › 研究活動 › 新型コロナウイルスワクチン効果の年齢差・個体差の実態とメカニズムの解析

ニュース 
News

2021年4月30日

新型コロナウイルスワクチン効果の年齢差・個体差の実態とメカニズムの解析

1. 概要

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の濵﨑洋子教授は、「ヒト免疫担当細胞の加齢変化に関する研究―新型コロナウイルスワクチン効果の年齢差とメカニズムの解析―」の臨床研究を開始することになりました。

2. 背景

 現在、わが国における新型コロナウイルス感染による死亡者数累計は約8,200人(2021年3月24日時点;参考資料参照)にのぼり、大きな社会問題となっています。特に、死亡者数に占める割合は、70代が23.7%、80代が65%と高齢者に高く、その原因の究明と対策は急務です。未だ感染収束の目途は不透明であり、ワクチン接種による感染拡大の抑制が期待されていますが、一般的に、免疫力やワクチン効果は加齢に伴い低下することが知られています。本研究では、新型コロナウイルスワクチンの接種の効果が高齢者でどの程度持続し、高齢者の免疫細胞がワクチンにどのように応答するのか、一般成人と比較しながら検証します。

 本研究は、新型コロナウイルスに対するワクチンの免疫応答性を調査する公衆衛生上の重要課題です。また得られる成果は、ハイリスクの高齢者に適したワクチンスケジュールの立案や、ワクチン効果の予測や効果の年齢差・個体差を解消するための新たな方法の開発に役立つ可能性があります。

3. 実施内容
(1)対象 一般成人(~65歳)100名  高齢者(65歳以上) 100名
(2)観察期間 1年(ワクチン接種 前・直後、1, 3, 6, 12か月でフォロー)
(3)検討事項

以下の点について、成人と高齢者で比較する。

1) 抗体価
2) 末梢血中における新型コロナウイルス反応性T細胞の頻度や機能
3) 接種前の免疫細胞の状態とワクチン効果との相関
4)副反応と効果との相関

4. 本試験への参加について

現時点で本HPでの募集は予定しておりませんが、募集を行う場合は後日情報をアップデートします。

go top