ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2014年 › その他 › 長船准教授が日本腎臓学会大島賞を受賞しました

ニュース 
News

  

2014年7月7日

長船准教授が日本腎臓学会大島賞を受賞しました

この度、iPS細胞研究所の長船准教授(増殖分化機構研究部門)が日本腎臓学会の大島賞を受賞し、7月4日、横浜で開催された第57回日本腎臓学会学術総会にて、授与式および受賞講演が行われました。

大島賞は腎臓に関する研究で優れた成果を挙げた研究者に与えられる賞で、毎年2名の研究者が選ばれています。



長船准教授のコメント
「本受賞は、私がこれまで在籍した市立舞鶴市民病院、京都大学医学部附属病院、兵庫県立尼崎病院、東京大学大学院理学研究科、東京大学医科学研究所、ハーバード大学、京都大学iPS細胞研究所にて御指導頂きました恩師の先生方、支えて下さった周囲の方々と共に臨床と研究を頑張った仲間たちのお陰です。これを機に今後再生研究を中心にさらなる精進を重ね、日本腎臓学会、京都大学iPS細胞研究所の活動をはじめとして腎臓病学、再生医学の発展に微力ながら尽力させて頂く所存です。」



大島賞2.JPG
授賞式の様子

大島賞1.JPG
講演する長船准教授

go top