ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2014年 › イベント・セミナー › 第22回CiRAカフェ「ツールとしてのiPS細胞とゲノム」を開催します。

ニュース 
News

  

2014年11月14日

第22回CiRAカフェ「ツールとしてのiPS細胞とゲノム」を開催します。

京都大学iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)は、12月6日(土)に、第22回「CiRAカフェ:ツールとしてのiPS細胞とゲノム」を開催します。
「CiRAカフェ」は、iPS細胞研究所が企画するサイエンスカフェ*1です。
第22回目のスピーカーは、Knut Woltjen 准教授(CiRA初期化機構研究部門)です。

病気を理解し、健康を実現していく
日常的な研究で、昔では夢のような技術(バイオテクノロジー)が使われています。

その一つが皮ふや血液から作られる、iPS細胞。
iPS細胞には自身の設計図(ゲノム)が入っています。
ゲノムの一部には病気につながったり、薬の副作用に関係するものもあります。

今回のCiRAカフェでは、どんなバイオテクノロジーのツールを使って
何ができるのかを一緒に見ていきながら
それらが切り開く可能性についてもご紹介したいと思います。

めっきり冷え込んでくるようになったこの季節。
暖かいコーヒーやお茶を片手に、普段とは少し違った視点で研究の最前線を垣間見てみませんか。

みなさんのご参加をお待ちしております。
CiRAカフェは日本語で行われます。)


日時 2014年12月6日(土) 14:00-15:00 (開場13:30)
場所 iPS細胞研究所(CiRA) 1Fエントランスホール
主催 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)
ゲスト
Knut Woltjen准教授(CiRA初期化機構研究部門
対象
小学校高学年以上
定員
30名
申込多数の場合、抽選により参加者を決定します。
参加費
500円(飲み物・お菓子代)
スケジュール
14:00 - 15:30 トーク
申し込み 申し込みを締め切りました
チラシ
PDF
問い合せ先
京都大学iPS細胞研究所 国際広報室
TEL: 075-366-7005
e-mail: cira-pr*cira.kyoto-u.ac.jp
メールを送る際は*を@に変更して下さい。


【参考情報】

*1 サイエンスカフェとは、飲み物などを片手にカフェのような雰囲気の場で、参加者同士のコミュニケーションを取りながら、科学を気軽に語りあう場です。CiRAが開催するサイエンスカフェなどイベントのスケジュールはこちらからご確認頂けます。

go top