ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2016年 › イベント・セミナー › 【受付終了】2016年度 上廣倫理研究部門成果報告会「データから見る iPS細胞の倫理」を開催します

ニュース 
News

2016年12月9日

【受付終了】2016年度 上廣倫理研究部門成果報告会「データから見る iPS細胞の倫理」を開催します

上廣倫理研究部門では「データから見る iPS細胞の倫理」と題した2016年度成果報告会を京都大学総合博物館で開催することとなりました。

皆様のご参加をお待ちしています。

日 時 2017年1月29日(日)13時30分〜16時40分(13時00分〜受付開始)
場 所 京都大学総合博物館 本館3階 講演室
対 象 生命倫理に興味のある学生など
定 員 定員に達したため、受付を終了しました。
参加費 無料
申し込み方法 E-mailまたはFAXにてお申込みください。
件名に「2016年度報告会」と明記し、必要事項を記入の上、ご送付ください。

必要事項:
1)氏名(ふりがな)
2)所属・職名
3)返信用ご連絡先
※定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、ご連絡を差し上げます。

問合せ先・申込み先:
京都大学iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門(平日10時〜17時)
E-mail:uehiro-contact (at) cira.kyoto-u.ac.jp
(※(at)を@に換えて送信をお願いいたします)
Fax: 075-366-7195
講演者 趣旨説明:藤田 みさお 特定准教授・部門長

報告1:澤井 努 特定研究員
「iPS細胞を用いた動物性集合胚研究をめぐる一般市民と研究者の態度」

報告2:八田 太一 特定研究員
「iPS細胞から作成した生殖細胞に関する意識調査」

報告3:若宮 翔子 博士研究員 (奈良先端科学技術大学院大学)
「Twitterを用いたiPS・再生医療に関する話題調査」

報告4:鈴木 美香 特定研究員
「小冊子『幹細胞研究ってなんだ』評価:高校生からの声をもとに」

パネルディスカッション
進行:八代 嘉美 特定准教授
共 催 京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門・京都大学総合博物館
go top