ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2019年 › イベント・セミナー › 【開催報告】出張CiRAカフェ × 聞イテミル・考エテミル!?「iPS細胞の現在:筋疾患治療に挑む」を熊本市で開催しました

ニュース 
News

  

2019年3月29日

【開催報告】出張CiRAカフェ × 聞イテミル・考エテミル!?「iPS細胞の現在:筋疾患治療に挑む」を熊本市で開催しました

3月17日(日)の午後、出張CiRAカフェ × 聞イテミル・考エテミル!?「iPS細胞の現在:筋疾患治療に挑む」を熊本市内にて開催しました。熊本駅前では京都と比べると一足も二足も早い桜まつりが開催される陽気のなか、九州地方を中心に11名が会場にお越しくださいました。

このイベントは2018年8月26日に仙台で開催された 出張CiRAカフェ × 聞イテミル・考エテミル!?と同じ趣旨のシリーズ企画で、患者さんと研究者との対話を促進する場をつくることを目指した研究の一環で開催されました。

まず、山口大学の東島仁講師が冒頭に本企画の趣旨について、お話しました。

続いてiPS細胞研究の基本について、CiRA国際広報室の和田濵 裕之 研究員がお話しました。そして特定の疾患の治療に向けた研究として、CiRA臨床応用研究部門堀田 秋津 講師が、ゲノム編集技術とiPS細胞技術をつかった、最新の筋疾患治療に向けた研究について紹介しました。最後に、地元で行われている研究の紹介として、熊本大学の山下 賢 准教授に筋疾患の種類と現状の研究についてお話いただきました。レクチャーの後に、参加者の方々からの質問に講師が答えました。

和田濵 裕之 研究員

堀田 秋津 講師

山下 賢 准教授

イベント会場内には、iPS細胞を簡易顕微鏡で見ることができるコーナーを設け、多くの方がそちらに足を運んで顕微鏡をご覧になりました。なかなか京都までは足を運べないので楽しみに来たという参加者の方もいらっしゃいました。

参加した方には満足していただけたようで、関西以外での地方で開催する意義も感じられました。一方で欠席された方もおられ、広い会場で登壇者と参加者の距離が遠くなり、話をしやすい環境にはなりませんでした。今回浮き彫りとなった課題を検討し、今後のイベント運営の改善につなげて行きたいと思います。

CiRAでは引き続き様々なイベントを開催する予定です。一般向けのイベントについては、以下のイベントカレンダーよりご確認いただけます。

go top