研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 妻木 範行 教授

主任研究者
Principal Investigators

臨床応用研究部門 妻木 範行 教授

妻木 範行 写真
妻木 範行 M.D., Ph.D.
研究概要

軟骨には成長軟骨と関節軟骨があります。成長軟骨に異常があると、成長障害などの骨系統疾患を引き起こします。関節軟骨に異常があると、運動時の関節疼痛をもたらす変形性関節症が起きます。整形外科の現場では軟骨の治療は難しく、長年にわたりチャレンジングなテーマです。

私たちは体の軟骨ができるしくみを知るため、軟骨の形成・分化に重要な遺伝子の機能を調べる基礎研究を行っています。この基礎研究で得た知見と、細胞リプログラミング技術を組み合わせることで、ヒトiPS細胞を軟骨細胞に分化誘導し、軟骨組織を作る方法を開発しました。iPS細胞から作った軟骨、iPS細胞由来軟骨を再生治療研究と創薬研究に応用しています。

再生治療研究では、関節軟骨の損傷部位にiPS細胞由来軟骨を移植する臨床応用の実現を目指しています。iPS細胞は多能性にもとづく高い分化能を持つため、高品質な硝子軟骨を誘導できます。またiPS細胞はほぼ無限に増やすことが出来るため、多量の組織を作ることが可能です。iPS細胞由来軟骨が持つこの2つのポテンシャルは、既存の治療方法が内包する課題を克服する可能性があります。

創薬研究では、骨系統疾患の治療薬を探索しています。患者さんの軟骨は最適な研究材料ですが、軟骨は患者さんに重要で、採って調べることができません。iPS細胞技術を使うことで、患者さんの皮膚細胞や血液細胞からiPS細胞を作り、そこから軟骨細胞を培養皿上に作れば、患者軟骨に相当する組織を試験管の中で作ることが出来ます。私たちは、軟骨無形成症およびタナトフォリック骨異形成症の患者さん由来iPS細胞を作り、さらに軟骨細胞へ分化誘導して薬を開発する研究を行っています。

go top