ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2019年 › 研究活動 › 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象とした治験が徳島大学病院、北里大学病院、鳥取大学医学部附属病院でも開始

ニュース 
News

  

2019年4月23日

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象とした治験が徳島大学病院、北里大学病院、鳥取大学医学部附属病院でも開始

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の井上治久教授らは、平成31年3月18日より、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象とした医師主導治験を開始しました。

 この度、徳島大学病院(治験責任医師 神経内科和泉唯信特任講師)、北里大学病院(治験責任医師 脳神経内科永井真貴子講師)、鳥取大学医学部附属病院(治験責任医師 脳神経内科渡辺保裕講師)でも同治験の実施体制が整いました。

 治験の詳細については、下記をご覧ください。

go top