ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2016年 › イベント・セミナー › 【開催報告】一般の方対象シンポジウム「iPS細胞とともにあるく未来」

ニュース 
News

2016年7月11日

【開催報告】一般の方対象シンポジウム「iPS細胞とともにあるく未来」

7月2日(土)、京都大学iPS細胞研究所と神戸海星病院が共催する 神戸海星病院市民公開講座・iPS細胞10周年記念CiRA一般の方対象シンポジウム「iPS細胞とともに歩く未来」を、神戸ポートピアホテル(神戸市)にて開催しました。当日は、約1400人が参加しました。

会場の様子

今回は神戸海星病院から黒坂昌弘院長、CiRAからは山中伸弥所長および妻木範行教授がそれぞれ整形外科について、iPS細胞研究について紹介しました。黒坂院長は最近の話題に触れながら随所で笑いをとり、会場の緊張感を程よくほぐし、整形外科領域の治療について紹介をしました。

講演する黒坂院長

妻木教授は本年の春に発表した軟骨再生に関する新しい研究成果についても紹介しました。

2016年3月25日のニュース記事

講演する妻木教授

山中所長は、iPS細胞がどのように使われるのか全体の流れについて紹介しました。特に最近の話題として6月はじめに発表された加齢黄斑変性の臨床研究に関して取り上げ、iPS細胞ストックを提供し、高品質なiPS細胞を提供する役割をCiRAが担っていることを紹介しました。

講演する山中教授

最後には、神戸海星病院の柴沼均先生も交えて4人でトークセッションが行われました。

また、会場ではCiRAのブースを出展し、訪れた人に研究内容の紹介を行いました。すこしわかりにくい場所にありましたが、多くの方が訪れて下さいました。講演を一方的に聞くだけでは難しい内容も、こうした場で直接お話をすることでより理解していただけているようです。

今回のシンポジウムでの講演については、後日動画を公開する予定です。

CiRAでは今後もこうした一般の方対象のイベントを開催してまいります。
詳しくは以下のイベントカレンダーのページを御覧ください。

なお、来年は4月に静岡県にて開催予定です。

go top