ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2019年 › イベント・セミナー › 【受付終了】2019年度 上廣倫理研究部門 年次報告会「ゲノム編集が変える私たちの未来~ゲノム編集の人への利活用を中心に」を開催します

ニュース 
News

2019年12月27日

【受付終了】2019年度 上廣倫理研究部門 年次報告会「ゲノム編集が変える私たちの未来~ゲノム編集の人への利活用を中心に」を開催します

上廣倫理研究部門では「ゲノム編集が変える私たちの未来~ゲノム編集の人への利活用を中心に」と題した2019年度年次報告会を京都大学総合博物館で開催することとなりました。

皆様のご参加をお待ちしています。

2019年度 上廣倫理研究部門 年次報告会
ゲノム編集が変える私たちの未来~ゲノム編集の人への利活用を中心に
日 時 2019年2月1日(土)13時30分~15時15分
場 所 京都大学総合博物館 3階 講演室
参加費 無料
定 員 約40名(要申込み、抽選)
締切り 2020年1月13日(月・祝)
※結果は1月17日(金)までにお知らせします。
お申込み方法

お申し込みは締め切りました。

チラシ
主 催
  1. 京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門
共 催
  1. 京都大学高等研究院ヒト生物学高等研究拠点
  2. 京都大学総合博物館
内 容 挨拶・活動報告
  1. 藤田 みさお上廣倫理研究部門 特定教授・部門長)

話題提供
  1. 澤井 努(特定助教)「倫理的課題・概説」
  2. 赤塚 京子(特定研究員)「治療とエンハンスメント」
  3. 高嶋 佳代(特定研究員)「臨床応用の視点から」
  4. 八田 太一(特定助教)「治療としての視点から」
  5. 鈴木 美香(特定研究員)「社会との対話」

参加者のみなさんとの意見交換
  1. 進行:三成 寿作(特定准教授)
go top